平成30年度剣道形・基本技錬成大会 結果

 

平成30年10月28日(日)に大和スポーツセンター 武道場におきまして、開催いたしました。

小学校低学年から、高段位の先生方まで、真剣に、気迫溢れる演武を行っておりました。

入賞者には、後日、記念の木札が贈呈されます。

大会の結果は以下のとおりです。

 

1.木刀による剣道基本技稽古法

  優勝   加藤-木崎組(つきみ野)

  第二位  大迫-田村組(つきみ野)

  第三位  亀山-内田組(つきみ野)

  第三位  小山-亀山組(つきみ野)

 

2.日本剣道形 (3本目迄)

  優勝   千葉-福西組(つきみ野)

  第二位  田中-今 組(つきみ野・中体連)

  第三位  石崎-財前組(つきみ野)

  第三位  中川-西尾組(つきみ野・中体連)

 

3.日本剣道形 (7本目迄)

  優勝   白井-倉谷組(小板橋・つきみ野)

  第二位  石田-河野組(つきみ野)

  第三位  高橋-武内組(大和南高校)

  第三位  倉谷-金子組(つきみ野・西部)

 

平成30年度剣道形・基本技錬成会要項

 

場  所  大和市スポーツセンター 第一武道場

日  時  平成30年10月28日() 午前10開始

試合場   3会場

せ   915分より 和室

 

1. 種 目

   木刀による剣道基本技稽古法      参加資格 小学生

   日本剣道形太刀3本まで     参加資格 中学生

   日本剣道形太刀7本まで     参加資格 高校生以上(一般も可)

 

2. 競技法

    演武は1チーム(2)のみで行い、2順目は元立ち、掛り手、(打太刀、

仕太刀)を交代して行う。(時間によっては片方の場合がある。)

    審判員は予め連盟で定めた評価基準に従って「採点票」の4項目を

5段階に○をつけて、採点をする。

    2回目が終了したら1回目と2回目の合計点(0点満点)を「得点合計」

欄に記入する。

3名の審判員の特定合計は120点満点とする。

    会場係は2回目の演武が終わったら採点票を集め、合計点を確認して

 これを事務局に提出する。

    事務局は採点票をもとに成績一覧表に記入し、公表する。

    2順目を終了した時点で、上位4名が決勝へ進出する。

    決勝は3名の審判で、予選同様に、2回の演武を行い、決勝も同様に2回の演武の得点を出し、得点の上位が優勝とする。

 

ダウンロード
30年度剣道形錬成会要項.pdf
PDFファイル 62.3 KB