会長挨拶

大和市剣道連盟会長

戸塚義孝

 

 師走です。

令和3年12月19日(日)に、大和スポーツセンターで開催しました第46回大和市支部対抗剣道大会をもって、年内の予定されていた試合行事は無事に終了しました。体育館の人数制限も解除されたこともあって会場内は、盛り上がりが戻ってきたような雰囲気で、選手をはじめ、ご家族、応援の皆さんの満面の笑顔が見られました。感無量です。

 

 振り返りますと、昨年は新型コロナウィルス感染症の影響ですべての試合は中止でしたが、今年は何とか大和市選手権も分散大会という形で開催できたのも、会員の皆様の熱意と役員はじめ関係の皆様の厚いご努力とご協力の賜です。また、大会顧問の甘利明様からも励ましの電報もいただきました。この場をお借りしまして感謝とお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

12/12第53回大和市剣道選手権大会(第四部一般の部)
12/12第53回大和市剣道選手権大会(第四部一般の部)

7/10 第53回大和市剣道選手権大会(第一部高校生の部)開催

 

10/2第53回大和市剣道選手権大会(第三部中学生男女の部)開催

 

10/24第53回大和市剣道選手権大会(第二部小学生の部)」開催

 

12/12第53回大和市剣道選手権大会(第四部一般の部)開催 (柏木学園体育館を使わせていただきました)

 

 また、最近の報告として下記の通りの結果が入ってきました。大変嬉しく思います。昇段された先生方、また、長年の活動が認められました高陵会の皆さま、大きな成果を成し遂げた選手に大拍手です。本当におめでとうございました。

 

11月高段者の審査会の合格者

倉谷麻里子 つきみ野剣友会 七段

涌井真吾 渋谷剣友会 六段

西原武宏 小板橋剣友会 「教士」称号拝受 82歳 剣道は40歳から始められたそうです。

 

令和3年度全日本少年剣道教育奨励賞 受賞団体について(全日本剣道連盟)

高陵会剣道クラブ(大和市)

 

全国高等学校定時制通信制体育大会 第52回剣道大会

2021年08月03日(火)ロートアリーナ奈良(奈良市中央体育館)

試合結果

男子団体

順 位: 優 勝

チーム: 神奈川県A     

先鋒 有馬健太郎 (若竹剣友会)優秀選手賞も受賞

次鋒 坂從

中堅 生方

副将 島田

大将  髙橋

 

 

神奈川県高校新人大会個人戦(団体戦も入賞)

優勝  福西 凜花 つきみ野剣友会 桐蔭学園高等学校

五位  加藤 凛華 剣道教室 東海大相模高等学校

 

 最後に

 全日本剣道連盟の剣道修行の在り方について次のような記述がありました。じっくりと読んでいただき、正しい剣道の学び方を胸に新しい年に向かっていきましょう。

 

 全日本剣道連盟では日本独特の文化・武道である剣道をさらに普及させていきたいと考えていますが、一方、剣道の普及とは、単に剣道人口を増加させたり、試合を数多く開催することではありません。正しい普及とは、日常の稽古や試合という競技の剣道を通じて、武士の精神を多くの人々に伝えることです。単なる競技として広めることではないのです。

 

 このような観点から、剣道を学ぶ世界中の皆さんにお伝えしたいことが一つあります。それは、剣道の厳しい稽古を通じて、剣の技を学ぶだけではなく、武士の生活態度やそれを裏付ける武士の精神(心構え)も学んで頂きたいということです。

 

 つまり、武道としての剣道を理解し、その修練をして頂きたいということです。竹刀は武士の刀です。剣道着、袴は武士の正装であり、単なる運動着ではありません。この精神を学ばずに剣道をすることは、単なる肉体的運動をしていることになってしまいます。剣道の奥深さ、文化性を理解して頂きたいと思います。

 

 最後にもう一度。

気を緩めることなく、これまでの通り、安全とご健康には十分留意されて活動されることを祈念しております。

 

 1月元旦から大和市立光丘中学校をお借りして3日間の初稽古を実施します。

良いお年を。

 

令和3年師走

大和市剣道連盟 戸塚義孝